尾山神社から歩いて10分弱。
長町武家屋敷跡に来ました。
d0103292_09005642.jpg
ここは加賀藩の藩士が住んでいた街並みを復元した通りが、情緒あってよろしい。
千石クラスの重臣の家も遺されています。
d0103292_09005692.jpg
d0103292_09005633.jpg
タイムスリップしたようですな。
お侍さんがひょこっと出てきても違和感なし。

いくつか古い家をそのまま改装してお店にしているところもあります。
ここは九谷焼の店。
100万円のワイングラスとかあって、お子様注意です。
d0103292_09005669.jpg

d0103292_09005645.jpg
中が見られる家の一つ、野村家に潜入(有料)。
千二百石だけあって、かなり大きなお屋敷です。
d0103292_09011561.jpg
「石」というのは単に米だけでなく、家の資産や米以外の生産物も米に換算されて計算されるので、一概には言えませんが千二百石は会社でいうところの「役員・部長さん」クラスのようです。
野村さんは加賀藩の奉行職まで務めたお方なので、そこそこの人物のよう。
屋敷は千坪あまり、屋内の装飾も非常に細かく、障子には当時珍しいガラスも使っていたそうです。
d0103292_09011512.jpg
よって、こんな立派な襖絵や謁見の間があったり、
d0103292_09011597.jpg
こんな立派な庭があったり、
d0103292_09011563.jpg
2階には立派な茶室があったりします。

さんざん歩き疲れ(iPhoneで見たらこの日2万歩以上)、バスで近江町市場に向かいます。
入口もこんな立派になっちゃって。
d0103292_09030299.jpg
市場や寿司屋はほとんどやっていないのですが、居酒屋はいくつか開いています。
その一つ、市の蔵に行きました。

北陸に来たら食べるべきもの、まずは・・・
d0103292_09030302.jpg
やはりのど黒でしょうよ!
白身のトロと言われるだけあり、小ぶりながら白身はジューシーで脂たっぷり乗ってます。
塩焼きで十分。
たまりませんなあ。

地元の名品と言えば、カモの治部煮。
d0103292_09030365.jpg
とろりとした出汁の中に、カモ・生麩・シイタケ等が入っていて、ワサビがアクセント。
これも懐かしくおいしくいただきました。
富山のホタルイカの干物あぶり焼きも酒が進む。
北陸はうまいもの多くて最高だね。

(続く)


[PR]

by chirocchis | 2016-09-03 09:35 | 2016 金沢・白川郷旅行 | Comments(2)

Commented by mamicha2 at 2016-09-04 07:08
私は、日帰りでしたが、同じ場所をうろうろしたんですね〜。
こっちへ来たら、やっぱりのどぐろですよね。
この市場、もうちょっとしっかり眺めて歩きたかった!
機会があれば、のどぐろツアー、年内にもう一度
催行しようと思ってます。
Commented by chirocchis at 2016-09-04 12:04
mamicha殿
神戸から日帰りとは、すごいエネルギーですね!
これものど黒パワーでしょうか。
季節的にはややオフですが、市場の回転すしや海鮮丼とかもお勧めですよ。

<< 2016年 金沢・白川郷旅行⑤    2016年 金沢・白川郷旅行③ >>