昨日の夜は、「シドニーのステーキ屋なら一度はココへ!」と色々な人に紹介された、GPOの下にあるPrimeへ。
d0103292_20464917.jpg

噂に違わぬ美味さでした。Black Angus Beef最高。
220gの肉を見て「今日は小さめだな」と思ってしまう自分は、かなりオージー度進行してしまったのでしょうか。

今日、土曜日は朝から快晴!
本当に気持よい、シドニーらしい快晴が広がりました。うれしい限り。
ホテルの窓から見える景色も極上品です。
d0103292_20485814.jpg

一日ゆっくり、思い出の地を巡ることにしました。
まずサーキュラーキーに行き、フェリーに乗ります。
d0103292_2050038.jpg

d0103292_20503697.jpg

d0103292_2052332.jpg

Watsons Bayへ。
まずは、こっちに来た頃すぐに遊びに来た公園へ。
d0103292_20541770.jpg

まだまだよちよち歩きだったのに、今や所狭しと走り回る息子殿の成長も感慨深く。
ここは海を眺めながらファンタスティックなビールとFish&Chipsが楽しめるベストポジションなのです。
陽気なオージーに交じりながら楽しむランチは、最高にリラックスでき、オージー気分を味わえる場所ですね。
d0103292_20573996.jpg


フェリーでサーキュラーキーに戻ってシティのあたりをブラっとした後、とうとう最後の晩餐であるPark Hyatt Hotelへ。
やはり最後は、シドニーの象徴であるオペラハウスの見えるレストラン「Harbour Kitchen & Bar」でしょう。
d0103292_2104750.jpg

今日はさすがに肉はやめ、ツナのグリルで締め。
ちょっと良いNZのソーヴェニヨン・ブランの白ワインも堪能しました。
夜に映える、オペラハウスとハーバーブリッジ。
d0103292_2133389.jpg

d0103292_214134.jpg


これで明日の朝出発するだけになってしまいました。

2008年3月の赴任以降、3年弱に渡り濃密な時間を過ごしたシドニーとも、お別れです。
こうして最後の夜、ブログを書いていても、書ききれない思い出が数多くあります。
ブログを通じて広がった世界もありました。
ここでは敢えて触れていませんが、仕事ももちろんエキサイティングで楽しかったことは多かったけれども、大変で苦しんで悩んだことも同じくらいたくさんありました。
けれどもこうして、無事に任期を全うして日本に帰れるのも、仕事の仲間や仕事・家族つながりで知り合った多くの友人・知人・先輩・後輩の協力やサポートの賜物です。
この場を借りて、御礼申し上げます。

これで終わりではなく、日本に帰ってからもお付き合いは続くと思うし、また続けたいと思っています。
一足先に帰国された方との再会も楽しみです。
そして、私も皆様と東京で会えるのを楽しみにしています。

この美しい国、美しい街で人生のひと時を過ごし、手つかずの大自然の素晴らしさと偉大さを実感し、また一期一会の出会い・別れをたくさん経験したことは、忘れられない、かけがえのない思い出です。一生忘れることはできなしでしょう。
本当に懐かしく思うのは、日本に帰ってから数ヵ月後かもしれませんけどね。

またいつか、オーストラリアへ、シドニーへ、帰ってきたいと思います。
その日まで、皆様ごきげんよう!

そしてこのブログは、「忘れない日々 リターンズ」あるいは「忘れない日々 シーズン3」あるいは「忘れない日々 in 東京再び」など(いずれも仮)として、継続していく予定です。
落ち着いたら更新します。
[PR]

by chirocchis | 2010-11-20 21:21 | シドニーにて | Comments(4)

木曜日は会社を休んで、引越し荷物の搬出。
前日に一部梱包を開始していたので、当日はほぼ午前中にすべて運び出しが終わりました。

家の中はすっきり何もなくなった(一部会社家具を除く)。

自分が一人でこの部屋に来た2年8ヵ月前を思い出し、ガランとした部屋に一人で1ヶ月くらい住んだときは心細かったなあ。
今から思うと、ほんと、あっという間だった。
ちょっと設備は古いけど、日本では考えられないほど広々していて、買い物にも便利なユニットでした。
ベランダから眺める景色も、やっと満開を迎えたジャカランダも、見納めですなあ。
d0103292_6512735.jpg


その夜は、そのまま同じ建物にあるサービスアパートメントに宿泊。

金曜日、お昼前後にちょっと会社に行って残務整理と身辺整理。
いったん帰ってハウスクリーニングの進捗を確認するも、そもそも1時間遅く来てスタートしたくせに、さらに時間がかかって4時半以降の出来上がりとおっしゃる。
オージータイムを再認識。
ホテルに移動しチェックイン、その後会社に行くと、挨拶する間もなく皆さん帰っちゃうので、クリーニングの終わりを待たずに移動。

最後の2泊は、シドニー最後の記念ということで奮発してShangri-la Hotelに宿泊でございます。

会社に家族も連れて行って、最後にスタッフへの挨拶。
もう言葉では表せないくらい、皆さんには大変お世話になりました。
そういう時はハグハグでね。
英語も満足にできないヤツとのコミュニケーションでは皆さんご迷惑をおかけしました。
でも温かくサポートしてもらい、何とか任期を全うすることができました。
本当に感謝。
これからもKeep in touchでいきましょう!
d0103292_919641.jpg


ほぼ2年半、密接にお世話になった社長との挨拶では、感極まって泣いてしまいました…
しんどかったこと、楽しかったこと、色んな出来事を共有し、より良い会社にしていこうとがむしゃらに頑張ってきたことが走馬灯のように思い出されました。
この経験を活かし、東京に帰ってからも前向きに楽しく、いい仕事をしていきたいです。

時間がなくてお世話になった全員にご挨拶を送ることができませんでした。
すいません。
東京に帰ってから、ご連絡させていただきます。

本当にオフィスともサヨナラ。
Martin Placeのクリスマスツリーもきれいだった。
d0103292_9155662.jpg

土曜日は1日、最後のシドニーを満喫します。
[PR]

by chirocchis | 2010-11-20 09:16 | シドニーにて | Comments(2)

オージービーフを存分に味わうのももう最後ということで、送別会は「肉!」をリクエストしまくっております。

オージービーフと聞くと、知らない人は昔の「固かろう、マズかろう」を思い浮かべるかもしれませんね。

こっちに来て、美味い店で食うとアラ不思議!
めちゃ柔らかくて美味!

もちろん脂身はほとんどなく、でも赤身の肉は噛むほどにじわっと味わいが口の中に広がり、それはそれは幸せな気分になります。
塩胡椒だけとか、マスタードだけとか、シンプルな味付けで十分。
Black Angus BeefのScotch Filletなんか、最高にうますぎです。

今日は思わず、ランチも肉、ディナーも肉にしてしまった。
ランチはChophouseというレストランで、しかも頼んだのがその名も「Tomahawk(トマホーク)」
なんじゃこれ? みたいな。
d0103292_233494.jpg

弾道ミサイル並みのその重量感は、なんと1.8kg!(骨付きだけど)。
それを2切れ、大の男5人(うちオージー3人)で完食しました。
d0103292_23401926.jpg

もちろんこの後はデザートも。

夜は夜で、日本風の焼肉屋である炭のやで。
直接の取引先の枠を超えて、飲みや食いはもちろんのこと、ランニングやビール製造で意気投合しお付き合いいただいたK氏に感謝いたします。
[PR]

by chirocchis | 2010-11-15 23:45 | シドニーにて | Comments(2)

シドニーは先週からやっと気温が上がり、夏らしい気候になってきましたね。
ジャカランダもやっとこさ満開を迎えています。

先週はフルで東京からの出張者対応。

一日はハンターバレーに宿泊。
次の日、午前中に仕事を片付けた後の空き時間でワイナリー見学へ。
初めての方用の定番ワイナリー、Scarborough(スカボロー)に行きました。

こちらの素晴らしいところは、10種類以上のワインテイスティングとチーズ・ドライフルーツ盛り合わせをなんと無料で楽しめちゃうところ。
それもゆっくり着席して堪能できるところは、そうそうないようです。
ここのイエローラベルのシャルドネは、手頃な値段ながら最高にうまいです。
思わず3本も買ってしまった。
もちろん日本に持って帰りますよ。

敷地から見るこの景色も素晴らしい。
d0103292_211437.jpg


話は変わり、昨日の土曜日。
家族共々最も仲良くさせていただいたS氏のお宅にお呼ばれし、送別会。
子供の幼稚園、仕事上のつながり、クライミングや釣りなどの趣味、そしてキャンベラへの旅行など、充実した駐在員生活はS家の存在なくしては実現できなかったでしょう。
感謝感謝です。
仲良きことは美しきかな。
d0103292_21181612.jpg

偶然、日本での自宅がこれまた近いこともあり、取りあえずはしばしのお別れです。

息子殿はたぶん日本に帰ってしばらくしてから、帰国したことに気づく?んだろうな…
[PR]

by chirocchis | 2010-11-14 21:20 | シドニーにて | Comments(0)

ということで、
突然ですが、2年8カ月の駐在を終え、日本に帰国することが決定しました。

今月下旬にシドニーを発ちます。

まだまだ肌寒いシドニーですが、日本に帰るとまた冬が始まってしまうことが辛いところ。
やはりシドニーは夏を過ごしてナンボの土地ですからね。

最近はどんどんカウントダウンが進み、連日の送別会でようやくシドニーを離れるという実感が湧いてきました。

やり残したことはないか、行き残したところはないか、よく聞かれますが、
改めて考えると結構色々経験できたと思います。
これも会社のスタッフ、会社外の知人・友人など、関わりのあった人々のおかげだと感じている次第です。

残り少ない日々、力いっぱい充実した日々を過ごしていきたいと思っています。
もう少々お付き合いくださいませ。
[PR]

by chirocchis | 2010-11-03 22:14 | シドニーにて | Comments(6)

豪州はメルボルンに続き2店舗目のGapがオープンしてました。
d0103292_19213820.jpg

場所はシドニータワーの真下あたりです。
ちらっとのぞくと、当地プロパーの店とは違ってお洒落感満点。
値段も結構リーズナブル。
これで当地の日本人ショッピング事情も、ちょっとはよくなるでしょう。
d0103292_19233256.jpg

子供服、ベビーもあるでよ。

ちょっと気になったのが、置いてある服のほとんどが秋冬物?っていうくらい暑苦しいものだったこと。
ひょっとして季節間違ってる???
[PR]

by chirocchis | 2010-10-31 19:24 | シドニーにて | Comments(2)

今週、ブリスベンにてとある大きな会議が開かれておりまして、

それに参加するということで、日本から大勢いらっしゃっていて、

例えばおととい曜日。
朝5時半に起き、空港に向かってゲスト5名のお出迎え。
ハイヤー乗って国内線ターミナルに移動し、飛行機が飛び立った10時までお見送り。

昨日は夜の7時半に会社をハイヤーで出て、また空港へ。
飛行機の到着が遅れて9時過ぎにようやくランディング。
えらいさんをピックアップ、そのまま日本飯屋へ。
11時過ぎに終わってホテルへお送りし、家に帰ったら0時。

今朝はそのえらいさんをまたまた空港へ送るため、5時45分に起きてホテルに行き、
国際線まで。
チェックイン手伝ってさようならし、返す刀でまたまた国際線到着口でゲスト1名ピックアップ。
国内線ターミナルに移動し、セキュリティチェックのところでさようなら。
その後会社に行って夜0時過ぎまで残業。

ということで、決して楽しいことしかしてないわけじゃないですよーだ、ということのアピールでした。
[PR]

by chirocchis | 2010-10-12 23:16 | シドニーにて | Comments(0)

昨日、ブログ仲間のorangeさん宅にお邪魔しました。

ご主人とは一度飲んだことありますが、奥様・お子さん(Kazu君)とのご対面は初めて。
ご友人のAさん一家と共に、3家族でのパーティーとなりました。

orangeさん邸はノース側の風光明媚な住宅地の中にあります。
家の窓からハーバーブリッジがよく見えます。
行きはいい機会なのでサーキュラーキーからフェリーに乗りました。
息子殿は朝から「電車!フェリー!乗る!」と超興奮。
フェリーを降りてからご自宅までも、シドニー湾の絶景や高級そうな住宅の数々を眺めながらの散歩。
いやあ、長い人生一度でいいからこういうハイソなエリアに住んでみたいと思わせる、優雅な土地でございました。

(写真を撮るのをすっかり忘れて1枚もないのですが)
非常に楽しい雰囲気で、思わず長居してしまいました。
美味な手料理の数々、ワインなどなど、5時間にわたって堪能させていただきました。
おもてなしの心がこもった温かいパーティーでした。
相変わらずうちの息子殿はあまり交わらず、一人遊びに夢中でしたが。
Kazu君のハッピーな笑顔にもノックアウトです。

今後も家族共々宜しくお願いします。
[PR]

by chirocchis | 2010-07-04 22:02 | シドニーにて | Comments(0)

ワールドカップの対オランダ戦、0-1で惜しくも負けてしまいましたね。

SBSというチャンネルで、当地でも夜9時半(時差1時間)からLiveで中継してました。

ボールの支配率は圧倒的にオランダだったにもかかわらず、
前半は決定的なピンチはなかったように思え、よく守っていたでしょう。

ハーフタイムで、オージーの実況の人も「日本は驚異的な守備でよく0点に抑えた」と褒めてましたし。

後半も引き続きボールは支配されてましたが、あのミドルシュートで…
あれ、川島が横に飛んでなければ取れたような気も。
もったいなかったですね。

まあその後、1対1のシーンで何回も体張って止めてたからね。

それにしても、本田は今回仕事をさせてもらえなかったですね。
途中から入った中村俊輔も同様。
その分大久保(オージーの実況には「オクブー」って言われてたけど。最初誰のことかわかんなかった)が頑張って何発か打ってたけど、いずれも力がなく。

全体的に、守備では善戦したもののやはり自由にパスを回され、いいようにあしらわれた力負けの試合でしたね。

次に期待しましょう。

この後オーストラリア対ガーナ戦。
これでオーストラリアが負けるとアウトなので、こちらも頑張ってくださいませ。
[PR]

by chirocchis | 2010-06-19 22:53 | シドニーにて | Comments(0)

エアーズロック旅行記を書いている間に、シドニーはすっかり秋模様です。
スーツは秋冬物になり。
そろそろ衣替えしてもいいかな。

ということで、思い出しながら週末模様あれこれ。

■5月2日(日)
幼稚園に入って2年目の運動会の日。
昨年はお母ちゃんが急に風邪を引いて登録抹消、父子2人で大変な運動会でした。
今年はと言うと、親は気合入れて体調万全ながら、肝心の息子殿はお腹を壊し気味で、今一つ本調子じゃなかった。

なので、駆けっこも「昆虫太極拳」も(何それ?って方はコチラ)ピンポンパン体操も、お母ちゃんに抱っこされながらいただけという、昨年と同様の姿に。
d0103292_20471566.jpg

幼稚園の練習の時は張り切ってやってるらしいんだけどね。残念。
いつか家で披露してくれることを期待。
やれやれ。
d0103292_204745100.jpg


■5日(水)
子供の日。
恒例の兜の前で記念撮影。
d0103292_2048144.jpg

今年は一人で収まりましたな。
シドニーに来て3回目の子供の日。以前の写真を見ると、やっぱり成長しているのが感じられますね。

■9日(日)
出張者と約2カ月ぶりにゴルフへ。
いや、すっかり間が空いてしまった。
おまけにいつものTerrey Hillsは、コースレーティングの真っ最中とかで、ラフは長いわグリーンはさらに難しいわで、アマチュアにはめちゃキツイコースになってます。
ありがたい話です。
こちらは成長の後は全く感じられず、115だって。
後半が52で上がれたのが救い(てか前半悪すぎ)。

■15日(土)
2週連続でTerrey Hillsでお客様とゴルフ。
連日の晴天、そして12時頃スタート。
誠に嬉しいことに、グリーンは鏡のようにピカピカつるつる。
コツンと当てただけでコロコロ転がり、近づくどころか更に遠くなるパットは数知れず。
バンカーにもつかまり、ラフにもつかまり。
史上最高の難しさ(当社比)でした。
ので、スコアもここしばらくで最悪の120台。

■16日(日)
今月末に日本に帰国するM家(クライミング同志)と、S家(種々遊び同志)と合わせて3家族の送別会を自宅で開催。
奥さん同士・子供同士も仲がよろしいので、和気藹藹の楽しい会となりました。
d0103292_2051529.jpg

みんな3歳くらいの男の子ということで、キャーキャー子供たちも楽しんでました。
d0103292_2050392.jpg

相変わらずうちの息子殿は一人遊び気味でしたが。かつ早めに撃沈して寝ちゃいましたし。
仕事柄おいしい肉を仕入れられるM氏ご持参の肉、本当にうまかったなあ。
堪能しちゃいました。
d0103292_20513959.jpg

ちょっと寂しくなりますが、また日本での再会を誓ってバイバイしたのでした。

■現在
風邪を引いてしまいました。
シドニー中の幼稚園・小学校でウィルスが猛威を奮っており(推測)、家族全員引いた後、私に順番が回ってきました。
37度5分を超える高熱(平熱35度台の自分にとっては充分高熱)、上からや下からは出てこないものの(失礼)キリキリと痛む胃腸に悩まされましたが、1日会社休んでほぼ1日断食して安静にしていたら何とか復活気味です。
なんと、もう3日も禁酒中。これは快挙。
それはそれで体調はいいので、いっそずっと禁酒しようかなとは全く思いませんけどね。

以上。
[PR]

by chirocchis | 2010-05-20 20:59 | シドニーにて | Comments(0)