先週末。

ずっと天気が悪かったけど、曇り空の合間を縫ってシドニー唯一の遊園地Luna Parkに行ってきました。

以前足を踏み入れたことはあるけど、乗り物目的で来たのは初めて。
息子殿も色々乗り物に乗れるお年頃?になったということで、いくつかチャレンジします。

ルナパークといえば、この大顔面。
d0103292_205488.jpg


入場料はなく、場内をうろつくだけだったらタダ。乗り物に乗るたびにチケットを払う(もしくは1日パス的なもの)方式です。

息子殿のご希望はまず観覧車ということで。
当地の観覧車、日本のそれと違って高速回転です。
日本だとゆっくり観覧車が動くなかで、1台ずつ乗り降りする方式ですが、こちらのは直径が短いのでまずお客を入れ替えて、その後10回転くらい回すわけです。
低いけど見晴らしはいいね。
d0103292_20143062.jpg

d0103292_20145790.jpg


ルナさんとパークさん(推測)とのショット。ちょっと怖いらしい。
d0103292_20253931.jpg


室内のゴーカート的な乗り物は、大人同伴で。
d0103292_20183354.jpg


この小さいのは一人でも乗れる。
嬉しそう。
d0103292_20192990.jpg

坂道もある。
d0103292_20202088.jpg


けどこのあたりから雨脚が強くなり、外遊びは断念せざるを得なかった。
遅めの昼食を食べ、引き揚げたのでした。

寂れた雰囲気満点の遊園地ですが、意外と混んでる。
あと1回くらいは乗ってない乗り物に乗りに来るかな???
[PR]

by chirocchis | 2010-10-10 20:22 | シドニーでの観光 | Comments(2)

先週は、久しぶりに暖かな(やや暑い)週末となりました。

我が家は土曜日の午後から、車で一路西へ。
世界遺産のブルーマウンテンズ内の町「ルーラ」のホテルヘ。
ルーラの町は春の花が咲き、とても華やかで雰囲気がよろしい。
桜の木がところどころに見られ、桜の花が楽しめるのも日本人的には懐かしさ倍増で嬉しい限りです。

泊まったのはFairmont Resort Blue Mountainsという、ゴルフ場に隣接した瀟洒なリゾート。
きれいな山小屋風のロビーエリア、
d0103292_23281798.jpg

d0103292_23284898.jpg

敷地には花が咲き乱れ、
d0103292_23292412.jpg

d0103292_23295540.jpg

部屋は派手さはないものの清潔で充分広く、
d0103292_23304723.jpg

サービスの行き届いたレストラン、暖炉の前のバー…
d0103292_23311250.jpg

スクールホリデー中のお得なパッケージでもあったので、非常に満足のいく滞在でした。
夕方のブルーマウンテンズは初めてでした。
ちょっとだけ夕日に照らされた断崖絶壁を鑑賞。
d0103292_23322965.jpg

d0103292_23325045.jpg


翌日、さらにここから西へ車で約40分くらいで、Zig Zag Railwayというところへ着きます。
ここは蒸気機関車に乗れるスポットとしてその筋では有名ですが、
スクールホリデー中には「本物の機関車トーマス」に乗れることで子供界でも超有名。
今回の旅の目的はこれに乗ることでした。

「Day out with Thomas」というイベントです。
d0103292_23363843.jpg

事前にネットでチケットを予約。
12時50分の乗車なんだけど、着いたのが10時半くらいだから、何回も蒸気機関車が行ったり来たりしてしまう。
トーマスがいるのを見た瞬間から乗る気満点の息子殿、もう待つのは限界だった。
1本早い時間に乗れるかどうか聞いたら、臨時用の席があるんだって。そちらに振替乗車成功。
よかったよかった。
d0103292_23371760.jpg

d0103292_23374592.jpg

黒いのはなんだったっけ?
d0103292_23381827.jpg

d0103292_23384489.jpg

中は古めかしく、冷暖房なんかはないわけですが、窓を開け(煙やススが入ってくるけど)、
風を感じながら美しい風景を眺めてのんびり走るのは、大人もなかなか楽しいもんです。
d0103292_23391611.jpg

d0103292_23394154.jpg

d0103292_2340423.jpg

オージーのおじちゃんおばちゃんも、子供以上に興奮して楽しみまくっている人多数です。

20分ほど乗車すると、終点に到着。
ジェームスもFat Controllerもいるよ。
d0103292_23403592.jpg

ここで小さいトーマスに乗ったり、
d0103292_23414531.jpg

さらに小さいトーマスに乗ったり、
d0103292_23421313.jpg

ジャンピングキャッスルで遊んだりして、
d0103292_23424029.jpg

1時間ほどで帰りの電車に乗り、スタート地点に戻るのでした。

トーマスに乗るのはホリデー中の期間限定で、かつ事前予約が望ましいようです。
日帰りももちろん可能ですが、泊まりの方がゆっくり楽しめそうです。
[PR]

by chirocchis | 2010-09-29 23:44 | シドニーでの観光 | Comments(4)

この前の土曜日。

週末も続いた2週間ほどの激務も取りあえず一服し、今日は寝れるだけ寝たれと思ったにもかかわらず、体力なくて8時間ほどで断念。
年を取るってヤダネー

朝から快晴、気温も30℃近くまで上がるみたい。
そして元気に動物園に行ってきた。

d0103292_2150510.jpg

相変わらず風光明媚でございますな。

今日のお目当ては、生まれて10日くらいの赤ちゃん象さんです。
この子は、お母さん象さんのお腹の中で既に脈がなく、死産だと言われていたのが、奇跡的に無事に生まれてきたとかで、ちょっとシドニーの動物界で話題になっている子なのです。

広場の横の建物の中にいました。
たくさんの人が待ってますので、順番に。
d0103292_21511743.jpg

d0103292_21513720.jpg

いやいや、かわいいのなんのって。
小さいと言っても100kg以上あるんだけど、お母さん象さんの腹の下でちょこまか動き回っている姿は、ほんと小さい子供って感じです。
頭が大きくて、足が短くて。
人間と同じ。
でも、意外と白目?が大きいのにびっくり。ぎょろぎょろ動いてましたよ。

そのしばらく後、広場にも出てきて駆け回ってました。
このかわいい姿を見るのも今のうちでございますよ。
[PR]

by chirocchis | 2010-03-24 21:55 | シドニーでの観光 | Comments(0)

突然ですがここで問題です!

オーストラリアの首都はどこでしょう?

①そりゃ一番大きい都市のシドニーに決まってるじゃん!
②ちゃうちゃう、スポーツや文化の都であるメルボルンでんがな!
③おいどんはキャンベラってとこだと思うでごわす。
④ワシはアデレードやと思うんじゃけんのー あー大儀い
⑤知らぬ。

さて、答えはどれでしょう??






答えは・・・・
でごわす。
そんなの知ってるって???

ということで、今週の土日にキャンベラに行ってきます。
行ったことある人に言わせると「日帰りで十分」という声が大多数なのですが、車で片道3時間くらいかかるし、今回の旅の目的である“Floriade”(フラワーフェスティバル)をゆっくり見るためには、泊まりの方がいいからです。

天気が良ければいいなあ。
内陸部にあるキャンベラは、今でも最低気温は2、3度の日があったりして風邪ひきそう。
[PR]

by chirocchis | 2009-09-10 21:18 | シドニーでの観光 | Comments(0)

この週末、日本よりお客様をお迎えしました。

関係者向けにダイジェスト版をお送りします。

d0103292_23121152.jpg

d0103292_23123843.jpg

d0103292_2313226.jpg

d0103292_23132326.jpg

d0103292_23134932.jpg

d0103292_23142289.jpg

d0103292_2315621.jpg

d0103292_23153236.jpg

d0103292_23162296.jpg

d0103292_23193583.jpg

d0103292_23164899.jpg

d0103292_23171046.jpg

d0103292_23174328.jpg


以上。
[PR]

by chirocchis | 2009-06-15 23:20 | シドニーでの観光 | Comments(0)

シドニーの象徴の1つと言えば、もちろんオペラハウス
船の帆や貝殻のような真っ白の奇抜な形が、シドニーの青い空に映えて美しい。

もちろん夜もこんな風に美しすぎるわけで。
d0103292_21423558.jpg

d0103292_21431569.jpg


あれ? なんか違いますね。

屋根が白くない!

アーティスティックな絵柄が全面に描かれてますね。
じつはこれ、Luminousという期間限定のイベントのようです。
ある場所からライトを使って、いろんな絵柄を屋根に映し出しているんですね。
20分に1回くらい変わるそうです。
6月14日までの限定公開。見られる人はラッキーかも。
[PR]

by chirocchis | 2009-06-05 21:47 | シドニーでの観光 | Comments(4)

最近いろいろあって更新が滞りがち。
早めに書かなければたまってしまう一方です。

このネタも5月初めのです。

約5か月ぶりにタロンガズーへ行きました。
(家族はちょくちょく行ってますが)

昨年買った年間パスが5月末で切れるので、今のうちに行っておかなくては。

建設中の立体駐車場に止めましたが、そんなに車は多くない。
園内に入っても混雑している感じではなかったですね。
あまりに天気がいいから、皆さん海にでも繰り出しているのでしょうか。

まずは巨大コアラと一緒に記念撮影。
d0103292_193679.jpg

この写真、息子殿が自らコアラの前に座り、自らにっこりと記念写真ポーズをとったのです。
こんなとこにも成長を感じます。

今日のテーマは「あまり見たことないとこへ行く」です。
タロンガズーはかなり広く、しかも坂道が多いので1日でぐるぐる見て回るのは到底無理。
何回かに分けて見るためにも年間パスはグッドですね。
d0103292_1937484.jpg

ほんと、この動物園からの景色は素晴らしいです。
秋になると、海の青さも増したよう。

キリンさん。いい天気ですねえ。
d0103292_1938156.jpg


ゾウさんは一心不乱になんか食ってます。
d0103292_1939456.jpg


今日の主役は、この人たち。
d0103292_19394339.jpg

d0103292_1940524.jpg

ミーアキャットです。
思いのほか小さい。
両手を前にダランと下げて佇む姿は、お盆を持ってお客を待つ茶店の娘さんといった風情です。
群れるのが習性なので、たくさんのミーアキャットが立って周りを眺めていると、どっちが見せ物になっているのかわからなくなりますね。
d0103292_201160.jpg

「ん?なんか言った?」的な。
d0103292_2013957.jpg


その後は園内をブラブラ。
秋の海もいいもんです。
d0103292_2023761.jpg

ペリカンの餌やりを見物。
器用な所に乗ってます。
d0103292_204468.jpg


今日は日差しが強いので、サングラスは必須ですね。
母親のだけど。
d0103292_2045699.jpg


次回はアシカショーとか見てみたい。
年間パスを更新しなくては。
[PR]

by chirocchis | 2009-05-20 20:07 | シドニーでの観光 | Comments(0)

■3日目

今日は残念ながら朝からどんより曇り。
今にも雨が降りそう。
なので、海やプールに出るのは諦め、バギーに乗って島内巡りをすることに。
まあ半日あれば余裕で回れるんですけどね。

バギーは空港やマリーナ近くなど、3、4か所でレンタルすることができます。
で、気になるのがその料金。
1時間でA$45(3000円くらい)、2時間で$55、3時間で$60、24時間で$85(6000円くらい)、All Day(8:30am-4:30pm)で$70とな。
これを高いと見るか安いと見るか。
確かに島内は小さいとはいえ坂が多いので歩いて回るのは不可能。
だけど無料のシャトルバスがあるぞ。でも30分に1本くらいしかないし…
と悩ましいのですが、夜は乗ることもないのでAll Dayにしておきました。

まずは島内随一の景色が楽しめる「One Tree Hill」へ。
ここも街中から10分くらいで行けちゃう。
島の西側を望む。
d0103292_21422370.jpg

Catseye Beach方面。
右の高い建物がこの島最大のReef View Hotel。その左の2棟が宿泊しているWhitsunday Holiday Apartmentです。
d0103292_21424777.jpg

バギーに乗れて息子殿は上機嫌。
d0103292_21482712.jpg


このあと結構長い間雨が降り続いたので、おとなしくホテルに帰還。
夕方近くになってやっと雨が上がり、この時間になると潮が引いて海を歩けるようになるので、早速息子殿を連れ出します。
d0103292_2150141.jpg

水がないと大丈夫そうですね。
d0103292_21505550.jpg

海水が引くとこんな風に波紋のような模様が広がってます。
d0103292_21534648.jpg

石拾いをしたり、ヤドカリを観察したりとなかなか上機嫌で遊んでました。
d0103292_21534066.jpg


帰ってから無料シャトルバスに乗ってマリーナ方面へ。
美しく夜景が広がってます。
d0103292_21544321.jpg

今日は優雅にイタリアンといきましょう。
予約必須の「Romano's Italian Reataurant」へ。
マリーナ側の席だったので非常に眺めも雰囲気も良く、息子殿もおとなしく座ってくれたおかげでゆったり食事できました。
d0103292_220316.jpg


■最終日
この旅で初めて朝日を拝むことができました。
d0103292_2262458.jpg

日差しがガンガン強くなってきます。
チェックアウト前に朝の散歩に行きましょう。
d0103292_2265153.jpg

d0103292_2271881.jpg

Apartmentの前。
d0103292_2284048.jpg

やっぱり晴れだと気持ちがいいですなあ。
d0103292_2291389.jpg


チェックアウトするとき、鍵を付けていた首掛けストラップを記念にくれます。
d0103292_22115950.jpg


帰りの便は14時過ぎなので、受付に荷物を預け、また街をブラブラしに行きます。

大きくなったらこんな車にも乗ろうね。
d0103292_22132419.jpg

またミニ動物園にも顔を出し、ダラダラ姿のコアラさんや、
d0103292_2214967.jpg

口を開けたまま身動きしないクロコダイルや、
d0103292_22145126.jpg

ひっくり返って寝てるウォンバットを観察しつつ。
d0103292_22151288.jpg


常夏の島なのに冷房がないハミルトン空港から無事に帰路につきました。
d0103292_2215958.jpg


もう少し晴れていたら、クルーズや他の島への移動なども楽しめたかもしれません。
かえってのんびりできたのでそれはそれでよかったです。
宿泊代や食事代が高いのは、島のリゾートである以上致し方ないですね。

子供連れでも問題なく楽しめるところだと思います。
特にApartmentはお勧めですね。
[PR]

by chirocchis | 2009-04-19 22:18 | シドニーでの観光 | Comments(6)

■2日目

今日は朝から曇りがちだったけど、だんだん晴れてきて青空がのぞいてきた。
海&プール日和だな。

昨日スーパーで買った食材で朝食を取り、早々にビーチにGo!

リフトを降りると庭があり、ヤシの木の間にプールがあります。
レセプションのあたり。
d0103292_2285113.jpg

プール。
d0103292_2293744.jpg

この階段を降り、道路を渡るとビーチです。
d0103292_22102319.jpg

ビーチに着くも、風が強いせいもあって波が結構高い。
波が高いとこの方は怖くなっちゃって海に入ろうとしません。
d0103292_22105050.jpg

d0103292_22105672.jpg

砂遊びや石拾いも早々に、部屋に帰ろうとします。
それを無理やりつかまえ、じゃプールに入りましょう。
けど息子殿は今一乗り気じゃないらしい。
つかまったままキャーキャー騒いでいます。
d0103292_22111529.jpg

あんなにシドニーのビーチで特訓したのに、そんなことはもう忘れてしまったんいな。
もったいないなー。

ちょうど曇ってきたし、お昼になりましたのでいったん帰りますか。

午後は歩いてコアラのある小さい動物園へ。
d0103292_22163969.jpg

ここは大人20ドルくらいを払うと、滞在期間何回でも自由に入ることができます。
といっても、5回も10回も入るところではないけどね。
なぜかというと・・・1周10分もあれば回れちゃうほど小さいからなんですね。
動物の種類も10種類くらいしかいませんから。

コアラはかなり間近で見られます。
d0103292_2221162.jpg

カメラ目線もしてくれる。
d0103292_22213757.jpg

クロコダイルもぎょろりと睨む。
d0103292_22222212.jpg

ここはクイーンズランド州。
クイーンズランド州名物と言えば…
d0103292_22231185.jpg

コアラ抱っこができるのですー
オーストラリアに来て1年ですが、初めての体験。
重い息子を抱っこしている私には、コアラは軽い軽い。
で、本当にぬいぐるみみたいで超絶的にかわいいです。
毛はふさふさでパフパフしてます。
ちょっと爪が痛いけど、がしっとつかまってくれる姿はいじらしいの一言。
結構飼育員の人は、無造作にこっちの人からコアラを引っぺがして次の人につかまらせる、みたいな作業をやってたのが意外。
ちょっとの時間だったけど、満足満足。何回でもやりたい気分です。

夕方は、マリーナの船の辺りを散策しつつ、
d0103292_22284033.jpg

本日の夜はステーキ屋で。
やっぱり1回はがっつりとオージービーフでしょう。
6時前と早めに行ったせいか、マリーナが見える窓際席のベスポジをキープ。
d0103292_22275647.jpg

軽く350gほど頂戴いたしました。
ガーリックバター味、おいしゅうございました。
d0103292_22292746.jpg


まだ続く…
[PR]

by chirocchis | 2009-04-16 22:31 | シドニーでの観光 | Comments(0)

今回行くハミルトン島は、クイーンズランド州エアリービーチの沖、Whitsunday諸島の一つでグレートバリアリーフの入口にある1島丸ごとリゾートアイランドです。
シドニーからは約1500㎞。
島にしては珍しくジェット機が離着陸できるので各地からのアクセスがよく、日本人にも一昔前はハネムーン先としてポピュラーでした。
家族連れにもぴったり。特に大きなイベントもないので、3泊4日でのんびり過ごすことにします。

■1日目
ちょっと遅めで、シドニー 11:50発 Jetstar JQ846便にて出発。
ハミルトン島までは2時間半です。
息子殿はその間ほとんど寝てくれて助かります。
d0103292_19572057.jpg

恐らく自分が飛行機に乗っていたという自覚はほとんどないでしょう。
d0103292_19574848.jpg

(珍しく)ほぼ予定通り14:30頃ハミルトン島に到着。
曇りの予報でしたが、着いたら北国(南半球なので北の方が暑い)の日差しがジリジリと照りつける。
そして空気中にたっぷり含んだ湿気。
こりゃ全くまだ夏でした。
d0103292_2021643.jpg

右奥の簡素な建物(=ターミナル)の中を抜け、外に出て左側に預け荷物受け取りのスペースがあります。
その前には、ホテルからの送迎バスやカートがたくさん並んでます。
この島、観光客の移動手段はホテル送迎のバスか、無料のシャトルバスか、ゴルフ場で使うようなバギーしかないのです。
レンタカーなんてなく、道路には信号すらなし。
島はだいたい縦横4~5kmずつしかないので、その気になれば全て歩いて回ることも可能。
けど結構上り下りの坂が多いので、その気にはなりませんが。
車窓から見るマリーナ方向。
d0103292_202228.jpg

我々も送迎バスに乗り込み、ドライバーの簡単な島の案内を聞きつつ、宿泊先のWhitsunday Holiday Apartmentに到着。
この島にはホテルやコンドミニアム、バンガローなど数えるほどしかないので、あまり選択の余地はありません。
広々としていてキッチン設備があるコンドミニアムはここしかないのですが、オーシャンビューでビーチの目の前にあるロケーションは最高なのです。
今回のお部屋は11階。海がよく見えて波の音が非常に心地よいです。
d0103292_2032382.jpg

d0103292_2042644.jpg

キッチンとダイニング。
d0103292_2151356.jpg

リビング・バルコニー。
d0103292_20132122.jpg

バルコニーには、オウムやインコなど人懐っこいお客さんがいらっしゃいます。
d0103292_20192582.jpg

d0103292_2020320.jpg

けどちょっと心を許すと彼らは暴れ放題なので、こんな注意書きが。
d0103292_20211320.jpg

部屋で休憩していると夕方近くになったので、散歩がてら夕食を食べに反対側のマリーナの方に向かいます。
真夏ではないので吹き抜ける風はまあさわやかですが、いったん日が差すと暑くてたまらんって感じです。
秋本番のシドニーとの差を実感。
やはり公道?をバギーが行き交う光景は不思議ですね。
d0103292_2020398.jpg


マリーナとの間には結構な丘があり、ここを上り下りするのは一苦労。
日頃車の運転に慣れているオージーなら迷わずバギーをレンタルするのでしょう。

ゆっくり歩いて10分ほどでマリーナ側に到着。
たくさんのヨット・ボートが係留され、クルーズ船などもここから出港します。
d0103292_20214245.jpg

この辺りにはレストランやミニスーパー・お土産屋・パン屋・薬局などがかたまっています。
小さいですがそこそこ品揃えがあるスーパー。
d0103292_20223487.jpg

ベーカリーやFish&Chips屋も。
d0103292_20231983.jpg

Bottle Shopの上がPubになっています。
d0103292_2144470.jpg


晩御飯は予約がいらないManta Ray Cafeへ。
ここはカジュアルな雰囲気でピザやパスタなどのイタリアンを楽しめるため、家族連れに人気があるようです。
d0103292_20245479.jpg

我々は5時半ころに入りましたが、1時間後にはいっぱいになっていました。
雰囲気はあまりありませんが、子供メニューが無料だったりして気を使わずに食事できます。
d0103292_214667.jpg

[PR]

by chirocchis | 2009-04-13 19:58 | シドニーでの観光 | Comments(0)