地上に降りたら、腹ごしらえ。
大通公園と言えば、「とうきび」=とうもろこしが代名詞。
屋台のおばちゃんから焼とうきび、買いました(300円也)。
d0103292_18145194.jpg

これが、激甘。
うますぎ。
砂糖入ってんじゃないの?と疑惑の目を向けたくなるくらい、甘くて美味い!
やっぱ本場は違うよなあ。
あっという間になくなってしまいました。

その後は、息子殿待望の「路面電車」の旅。
d0103292_1819444.jpg

すすきのから出て、藻岩山ロープウェー入口あたりを通り、またすすきのへ。
片道45分くらい。どこまで乗っても大人170円。
鉄道オタクとしてはかなり興奮しておりました。

降りてもやはり雨は降ったりやんだり。
時折激しさを増したり。

お約束の時計台も雨に打たれておりました。
d0103292_18223175.jpg

ロープウェー駅に電話しても、やはり今日は雨雷の影響で営業中止。
息子殿の悔しさの涙も相まって、雨は止まず。
しょうがないからホテルに戻ろう。

中はかなりゴージャスな造り。
天井には日本地図が。
d0103292_18241217.jpg

トリプルルームは40㎡以上あって快適広々でした。
d0103292_1825073.jpg


晩飯はどうしよう。
すすきのあたりにはそれこそお店は星の数ほどあって、どれにしたらよいか決まらん。
ホテルから近くて、魚系居酒屋で、クーポンがあって・・・などなどで無理やり決めたのが「函館漁港」
札幌なのに?という突っ込みは受け付けずの方向で。
店頭には水槽がたくさんあり、うまそうなイカやホタテがたくさん。

色々頼みましたが、出色なのは
塩辛乗せじゃがバタ
d0103292_1829050.jpg

なんで塩辛とじゃがバタはこんなにマッチするのでしょう?
初めて食べたけど、北海道では普通?
塩とバターはあまり体には良くないかもしれないが、これは是非東京圏の全居酒屋で導入すべきメニューだと強く強く主張したいところ。
左はイカ刺し、右はソイの刺身。
d0103292_18315713.jpg

ソイもあまり見ないっけ?
これもかなりのうまさ。
白身ですが、なかなかコクがあり食べごたえがありますね。
イカゴロ野菜炒め。
d0103292_1834123.jpg

イカのワタの苦さが絶妙。
ビールが進むくん。
〆の酒は北海道の千歳鶴 吟醸
d0103292_18364652.jpg


ということで、北海道ツアーは終了。
(4日目は帰るだけ)

天気はやや危ぶまれたものの、何とか持ち直し、北海道の広々とした景色を息子殿にも見せることができました。
そして、何を食ってもうまいこと。
特に野菜・魚類は、住んでる人が心底うらやましくなるレベルですね。
こういうので舌が肥えていると、東京近辺の普通のレベルでは満足できないんでしょうね。

広い大地、まだまだ見ていないところ(稚内とか、知床とか)もあるので、将来また来たいですね。

終わり。
[PR]

by chirocchis | 2013-09-07 18:39 | 2013 北海道旅行 | Comments(0)

■3日目
早いもので、もうチェックアウトですなあ。
朝の雲海も見納め。
d0103292_21184192.jpg

名残惜しいので、朝飯たくさん食べるぞ!
d0103292_2118251.jpg

富良野牛乳、スープカレー、イカの刺身、じゃがバタ、新鮮野菜・・・・
食いすぎた・・・

富良野から2時間ほどで、札幌市郊外へ。
ほんとどの道路も空いてて助かる~

今まで北海道は3回来たことがあったけど、まだ一度も行ったことがない羊ヶ丘展望台へ。
d0103292_21271644.jpg

その名の通り、羊がいます。
そして、もう一人の主役は、この人
d0103292_21292395.jpg

クラーク博士像です。
北海道大学の初代教頭だそうで。
銅像と同じポーズを取るのも、息子殿がいれば恥ずかしくなくできるね。
息子殿、大志を抱け!

と、このころには空がにわかに暗くなり、雷と大粒の雨が落ちてきた!
羊たちも小屋に避難。
こんなところで雷に打たれたら、生きながらにしてジンギスカン状態です。
d0103292_2133518.jpg


早々に移動して、市内を目指す。
でも、どこに行くかね?
ちょっと晴れてきたので、藻岩山ロープウェイにでも乗りに行きましょう。
と思ったら、まだ近くに雷雲がいるのでしばらく運行中止とのこと・・・ 残念!
じゃ、いったんホテルにいきます!
今宵の宿は、豊平川沿いに佇む                                               
d0103292_21394879.jpg

ルネッサンス札幌ホテルです。
荷物を置いて、歩いてすすきのへ移動。
まずは腹ごしらえで、ランチ。
と言えば、札幌ラーメンだよね。

リサーチしていたお店はちょっと遠かったので、観光客的にベタで「ラーメン横丁」へ。
15軒以上の小さなラーメン屋が並ぶストリート。
並んでなかったラーメン屋に入りました。
その名も、「味一番 おぢぢ」
d0103292_22544076.jpg

ちょっと見えるおぢぢさんが一人で切り盛りしている、10人くらいしか座れないこじんまりとしたお店。
歴史ある正統派札幌味噌ラーメンを食べさせてくれるお店でした。
奇をてらうことなく、炒めた野菜を適度な濃さの味噌スープに浮かべ、縮れ麺に大きなチャーシューをドボンと。最後までおいしく食べました。
お子様にも優しい。チャーシュー1枚サービスしてくれたし。
ごちそうさまでした。
壁に名刺がいっぱい貼ってあった中に、某社の札幌支店の同期がいたことはもちろん内緒だ。
d0103292_237059.jpg


ラーメン屋を出てから土砂降りになったのに、またカンカン照りになった。忙しい日だ。
d0103292_239378.jpg

まだロープウェーは再開していないので、今のうちにテレビ塔に上ろう。
ということで、大通公園へ。
d0103292_2395963.jpg

高い建物が好きな息子殿にはちょうどいい。
d0103292_23104543.jpg

下が見えても全く怖くないらしい。
d0103292_23114188.jpg

藻岩山方面はこんなに晴れているのにねえ。
d0103292_23121810.jpg

大通公園を真上から。
d0103292_23124828.jpg

向こう~の方に、大倉山のスキージャンプ台が見えます(←)。
ということは、札幌の街に向かって飛ぶということね。
d0103292_23143460.jpg

北側。
d0103292_23145737.jpg


(続く)
[PR]

by chirocchis | 2013-09-02 21:52 | 2013 北海道旅行 | Comments(0)

帰りは大雪山を見に行くべく旭岳ロープウェーの方まで行ったのですが、

ザーザー降りのため×。

ついでに美瑛の方で寄り道しました。
千代田の丘にて。
d0103292_23222671.jpg

広々とした風景が続いてます。
空気もすっきり晴れ、遠くまで見渡せました。
d0103292_2324229.jpg

十勝岳の麓の方も。
d0103292_23261261.jpg

丘を彩るパッチワークの絨毯が美しい。
d0103292_23264444.jpg

ほんと、こんな景色は北海道でしか見られないね。
人も少なく、静かでよかったでした。

もう一つは、哲学の木
d0103292_23362540.jpg

ちょっと傾いて立っている木の様子が、考え事をしているように見えることからこう呼ばれている、らしい。
なるほど。
ん、木をよく見てみると・・・
d0103292_2337438.jpg

木の幹に赤い×がしてあります。なんじゃこりゃ?

ネットで見てみると、観光客が畑に勝手に入り(美瑛のほとんどの有名な木の周りは、作物などを植えた私有地です)畑なんかを荒らすことに腹を立てた持ち主が書いたそうです。
ここの人は、この木を切り倒してしまおうと思ったくらい怒っていらっしゃるとのこと。
観光客の皆さん、最低限の人としてのマナーは守りましょう。

ホテルに帰り、今日もタクシーで富良野駅の方に出て晩飯探し。
けど、見事に寂しい駅前でぱっとお店が見つからんね。
コンビニやファースト、チェーン居酒屋すら皆無だからね。
なので、観光客向けのお店、くまげらに突入。
1階は石造りの壁があったり大きな自然木のテーブルがあったりと富良野情緒がふんだんにありましたが、通された2階の座敷は至って普通。
でも後から後から観光客の方が来て、すぐに一杯になりました。

まずはほっけのみりん干しをかじりつつ、ビールをぐびっと。
d0103292_23472423.jpg

息子殿はジンジャーエールをぐびっとやりつつ、ほっけをかじる。
d0103292_23481099.jpg

もうおっさんの世界やな。
本人的には、「ビールみたく泡でシュワッとしたい」そうです。

イカの塩辛、鮭のルイベ、じゃがいもソーセージなど、どれも激しく美味。
いいなあ北海道。
〆は、その名も五郎カレー。
d0103292_23522290.jpg

コーンやカボチャ、玉ねぎなどが乗った、富良野野菜カレーです。
五郎は、「北の国から」の五郎ちゃん。
玉ねぎが美味すぎる。
完食しました!

今日で富良野は終わり。
明日は札幌へ移動だ。
d0103292_2354569.jpg

(続く)
[PR]

by chirocchis | 2013-08-27 23:55 | 2013 北海道旅行 | Comments(2)

ホテルの中庭っぽいところも、緑豊かでいい雰囲気です。
d0103292_11381796.jpg

お土産屋さんもかなりな規模で、ファーム富田グッズも豊富。しかし、じゃがぽっくるは売り切れでした。
d0103292_113987.jpg

青空にホテルが映えます。
d0103292_114017100.jpg

田んぼも黄色く色づいてきています。そろそろ刈取り時期が近いのでしょうか。
d0103292_11405897.jpg

午前中は天気が良さそうなので、まず美瑛の丘巡りを軽くすることにしました。
12年前は、どんより曇り空ですかっとした景色が見れなかったので。
十勝連山が見えるはずの深山峠はあいにく雨でしたが、美瑛に近づくにつれ晴れ間も出てきました。
まずはケン&メリーの木へ。
d0103292_11434191.jpg

樹齢80年を超えるポプラの木が、ひまわり畑の横に1本すっくと立っています。
息子殿(→)と比べると、その大きさがわかります。
暑い日も吹雪の日も、その威容を失わず立ち続ける姿は、大きな自然の力を感じます。
ケン&メリと言っても最近の若人達は知らないと思うけど、粉関係と言えばメリケン粉ですがもちろん違い、昔々の日産スカイラインのCMに登場したキャラです。
って、私もリアルタイムで見てたわけじゃないけどね。
d0103292_11472098.jpg

左側の家はカフェで、何か買えば間近のべスポジをキープできます。

次に親子の木
d0103292_11491335.jpg

大きい2本の木(親)の間で、子供が手をつないでいるように見えますよね。
もちろん同じポーズで写真を撮りました。
残念ながら地面は刈り取られた後で茶色くなっちゃいましたが、それでも十分広さと爽快さが伝わると思います。
d0103292_1153317.jpg

ほんと、こんな景色を見ているとのんびり大きな心で毎日過ごせるような気がするなあ。
心の洗濯ですな。
d0103292_11534144.jpg

d0103292_1154016.jpg

まだまだ見ていたかったけど、先を急ごう。

旭山動物園に到着。
d0103292_11571618.jpg

今回の旅のメインイベント。
ユニークな動物展示や、色々な行動を間近で見られる動物園で有名ですね。
そんなに大混雑ではなくてよかった。
正門右手の鳥のエリアから。
ピンク色が美しいフラミンゴ。
d0103292_122353.jpg

お休み中の白鳥と黒鳥(提供:アフラック)
d0103292_1234418.jpg

動物によっては、何回か「もぐもぐタイム」というのがあって、飼育員の人たちがエサをやる場面を間近で見せてくれて解説してくれます。
ちょうど11時のホッキョクグマのもぐもぐタイムがあるから、それに並ぼう。
d0103292_126482.jpg

列に並ぶこと約30分。
10分ごとに3回に分けて見せてくれて、3回目に滑り込むことができました。
子供は水槽前最前列で見られます。大人1名は付き添い可。
d0103292_128673.jpg

最初にざっぷーんと飛び込み、犬みたいに犬かきをしてゆっくり横切ってくれます。
潜るのもお上手。
d0103292_1292766.jpg

他のクマよりも長い首は、水面に顔を出しやすくするため。
d0103292_12102385.jpg

大きな手や爪もすぐ近くで見られます。
今日のエサはイワシ?でしたが、野生ではアザラシなんかも食べちゃうってよ。

動物園は斜面にそって段々に作られており、旭川の街も一望できてよろしい。
d0103292_12132199.jpg

横ではそのアザラシがもぐもぐしてました。
d0103292_12135196.jpg

活動していないホッキョクグマは、日陰でぐったり。
d0103292_12142030.jpg

水遊びしているヒグマは楽しそうですが、
d0103292_12144827.jpg

ライオンは、オス(上)・メス(下)ともにぐったり。
d0103292_12152585.jpg

テナガザルは非常に元気で、うんてい&綱渡りを楽しんでます。
d0103292_1216694.jpg

こんだけオープンで気持ちいいところで遊べたら、嬉しいだろうね。

水風呂?に入るカピバラさん。
d0103292_12174747.jpg

カピバラってホントいつも眠そうな目をしているよね。
そして頭と体と足のバランスが面白すぎ。
ここではクモザルと同じ場所に住んでて、やはりクモザルにちょっかい出されて迷惑気にそそくさと逃げるカピバラの図が爆笑。
d0103292_1219305.jpg

ちょっと通り雨で何回か降ったりやんだりしてたけど、すぐに夏の日差しが降り注ぎます。
と言っても、日陰に入ると横切る風が非常に爽やか。
やっぱり北海道は違うね。気温も東京と比べて昼夜5℃ずつくらい違うんじゃないかな。
さる山。
d0103292_1222442.jpg

建物の下の方に行くと、窓ガラスを挟んで50cmくらい先にサルを見ることができます。
目が合うくらい近い。
ほんとこの動物園は、どこもそれくらいの距離感で動物を感じることができ、満足感は高いです。

ペンギン館の水中トンネル。
d0103292_12255699.jpg

空を飛ぶかの如くビュンビュン泳ぐペンギンのお腹もじっくりと。
d0103292_12264869.jpg

こんなに水中ではスピーディーなペンギンも、陸上では彫像のようだね。
d0103292_12273571.jpg

ペンギンも手を伸ばせば触れるくらいの距離です。
d0103292_12274921.jpg

何を思う。
今日の晩御飯何かな~?ってことではないですよね。
d0103292_12283117.jpg


遠くの空を見ると、また通り雨が来そうだったので、この辺で動物園を後にしました。

(続く)
[PR]

by chirocchis | 2013-08-25 12:30 | 2013 北海道旅行 | Comments(0)

有名なラベンダーは8月初めで終わりのため、既にありませんでした。

代わって早くも秋の花が満開中。
マリーゴールド。
d0103292_0375125.jpg

コスモス。
d0103292_0381746.jpg

d0103292_03918.jpg

花は咲いていませんが、売店の中はラベンダーの香りが充満中。
強い香りに弱い私は、屋外に避難。
d0103292_041725.jpg

色とりどりの花が植えられ、絨毯のように敷き詰められた感じです。
何層にもなって本当に綺麗。
d0103292_042034.jpg

d0103292_0422069.jpg

どこもそうでしたけど、外国人(中国人、韓国人?)の旅行者が多数。
北海道は有力な行き先になっているみたいですね。

ここではトラクターもラベンダー色。
d0103292_0434027.jpg


買い物した後、今日から2泊する新富良野プリンスホテルへ移動~。
富良野では一番大きなホテルなのでは。
温泉も付いているしね(大アクシデント後の私は、涙を飲んで部屋シャワーのみ)。
部屋からは十勝連山と富良野の街を一望できます。
d0103292_0481635.jpg

晩御飯は、タクシーを飛ばして富良野の街へ。
北海道と言えば、一度は食さねばならないジンギスカンへ。
谷 成吉思汗
店内はウッディーな感じ。割と新しい?
d0103292_052274.jpg

メニューはシンプルで、おまかせジンギスカン(肉、もやし、玉ねぎ、¥1,200)とセットジンギスカン(肉、もやし、玉ねぎ、こんにゃく、豆腐、ご飯 ¥1,500)が基本コースで、これに追加する感じ。
鍋はこんな形。陶器製なのね。
d0103292_0581192.jpg

野菜を周りに置き、そこにタレを流し込んで焼き、真ん中で肉をジュージュー焼くよ!
d0103292_058513.jpg

こちらの店は、肉をあらかじめタレに漬け込んでおいて、それを焼いてそのまま食べるパターン。
肉はマトン・ラム両方ありましたが・・・どちらもクセがなく柔らかくて美味しい~!
最初は味が薄いかな?と感じますが、グツグツ煮立った野菜たちと一緒に食べると濃厚なうまさが口中に広がります。
ご飯も合う!
マトンはより熟成されていて、漬け込むタレにもコクとアルコールを感じました。大人の味やね。

量もハンパなく多い。
子供が一人いると、人数分前頼むのはちょっと多いかもしれない。
この方もさすが肉食獣の遺伝子、美味しい美味しいと食べてました。
d0103292_124610.jpg

ラムの臭さはまったく感じない模様。
コストパフォーマンスも良いし、たくさん食べたい人にもお勧め。

帰る頃、外は土砂降り。夜で良かった。
ちゃんとお店でタクシー呼んでくれますよ。

■2日目
今日はちょっと早めに出て、旭川の旭山動物園に行かねばならない。
d0103292_15299.jpg

天候は一転して晴れ!雲海が広がっている中、それを見ようと気球も上がる。
d0103292_173194.jpg

晴れているうちに移動したいので、8時半頃ホテルを出発。

(続く)
[PR]

by chirocchis | 2013-08-25 00:56 | 2013 北海道旅行 | Comments(0)

北海道旅行の詳報です。

北海道上陸は実に12年ぶりなのです。
12年前と言えば2001年。
いわゆる「9.11」の時、まさに北海道旅行中だったのでした。

前回は同じ3泊4日で、レンタカーの移動距離が1400km!という超強行軍でした。
新千歳から東に行き、知床半島の羅臼まで到達!
また西に戻って新千歳から帰るということで。
若かったあの頃。
何も怖くなかった。

ということで4〇歳の今、せいぜい500kmくらいが限度です。
今回は富良野を中心に、旭川まで足を延ばし、後は札幌周辺で観光という流れでGo!です。

■初日
飛行機は10時過ぎと遅め。
頑張って貯めたマイレージで予約するも、JALとANAで分散してしまったので、私は一人でANA、妻と息子殿は二人でJAL、そして出発時間も微妙に30分ずれているという変則的な移動になってしまった。
止むをえまい。

家を7時前に出て、早めに空港に着き、滑走路の見えるレストランで朝飯。
d0103292_2310164.jpg

JALのゲートで二人を見送り、連絡通路を歩いてANAの搭乗口に向かう私。

JALの二人は、予約の関係でクラスJというちょっと豪華な座席に座ってる。
いいなあ。

新千歳までは1時間半の旅。
あっという間だね。
空港で昼食がてら、探索。
さっそく今回の旅のお目当ての一つ、札幌の路面電車レトロバージョンを発見して喜ぶ息子殿。
d0103292_23202726.jpg

東京はいつも通りで快晴で暑くて参ったけど、新千歳はやや涼しくしかも雨が降った後。
レンタカーをゲットし、一路道東自動車道を東に向かうも、途中大雨の影響とかで50㎞規制をしていた。
ニュースを見て知ったけど、南部を中心にすごい雨が降ったみたいだね。

占冠(しむかっぷ)で高速を降り、一般道を北上すると、雨も止み曇り空に。
富良野に着きました。
ちょこっと時間があったので、ホテルには行かずファーム富田で観光。
d0103292_23185624.jpg


(続く)
[PR]

by chirocchis | 2013-08-22 23:22 | 2013 北海道旅行 | Comments(0)

時計台@雨の札幌
d0103292_19435766.jpg

[PR]

by chirocchis | 2013-08-20 19:41 | 2013 北海道旅行 | Comments(0)

BOYS BE AMBITIOUS @羊が丘展望台
d0103292_1451169.jpg

[PR]

by chirocchis | 2013-08-20 14:48 | 2013 北海道旅行 | Comments(0)

ホッキョクグマ@旭山動物園
d0103292_19252660.jpg

[PR]

by chirocchis | 2013-08-19 19:23 | 2013 北海道旅行 | Comments(0)

ホテルより。
今のところ晴れてます!
d0103292_812583.jpg

[PR]

by chirocchis | 2013-08-19 07:59 | 2013 北海道旅行 | Comments(0)