尾山神社から歩いて10分弱。
長町武家屋敷跡に来ました。
d0103292_09005642.jpg
ここは加賀藩の藩士が住んでいた街並みを復元した通りが、情緒あってよろしい。
千石クラスの重臣の家も遺されています。
d0103292_09005692.jpg
d0103292_09005633.jpg
タイムスリップしたようですな。
お侍さんがひょこっと出てきても違和感なし。

いくつか古い家をそのまま改装してお店にしているところもあります。
ここは九谷焼の店。
100万円のワイングラスとかあって、お子様注意です。
d0103292_09005669.jpg

d0103292_09005645.jpg
中が見られる家の一つ、野村家に潜入(有料)。
千二百石だけあって、かなり大きなお屋敷です。
d0103292_09011561.jpg
「石」というのは単に米だけでなく、家の資産や米以外の生産物も米に換算されて計算されるので、一概には言えませんが千二百石は会社でいうところの「役員・部長さん」クラスのようです。
野村さんは加賀藩の奉行職まで務めたお方なので、そこそこの人物のよう。
屋敷は千坪あまり、屋内の装飾も非常に細かく、障子には当時珍しいガラスも使っていたそうです。
d0103292_09011512.jpg
よって、こんな立派な襖絵や謁見の間があったり、
d0103292_09011597.jpg
こんな立派な庭があったり、
d0103292_09011563.jpg
2階には立派な茶室があったりします。

さんざん歩き疲れ(iPhoneで見たらこの日2万歩以上)、バスで近江町市場に向かいます。
入口もこんな立派になっちゃって。
d0103292_09030299.jpg
市場や寿司屋はほとんどやっていないのですが、居酒屋はいくつか開いています。
その一つ、市の蔵に行きました。

北陸に来たら食べるべきもの、まずは・・・
d0103292_09030302.jpg
やはりのど黒でしょうよ!
白身のトロと言われるだけあり、小ぶりながら白身はジューシーで脂たっぷり乗ってます。
塩焼きで十分。
たまりませんなあ。

地元の名品と言えば、カモの治部煮。
d0103292_09030365.jpg
とろりとした出汁の中に、カモ・生麩・シイタケ等が入っていて、ワサビがアクセント。
これも懐かしくおいしくいただきました。
富山のホタルイカの干物あぶり焼きも酒が進む。
北陸はうまいもの多くて最高だね。

(続く)


[PR]

# by chirocchis | 2016-09-03 09:35 | 2016 金沢・白川郷旅行 | Comments(2)

金沢城公園は、兼六園の向かいくらいですぐ。
もと金沢城は、本願寺が加賀の一向一揆で有名な「金沢御堂」として創建したのが1546年。
意外と新しいですな。
その後佐久間盛政が入城したあと、五大老前田利家が入城し1869年まで前田家14代の居城となりました。

まずは重要文化財の石川門がお出迎え。
d0103292_12143840.jpg
門の内部。
d0103292_12172295.jpg
この道を颯爽とチャリンコで駆け抜けたものです。
入ると、
d0103292_12152562.jpg
わが青春の建物は全くなく、復元された建物と広場が広がっています。
これは三の丸広場と、五十間長屋。
河北門。
d0103292_12152561.jpg
ここから坂を下りたところの建物もなく、広場に変身。
d0103292_12152535.jpg
寂しく切ない感じですね。

d0103292_12152569.jpg
このアングルから菱櫓方面を見ると、立派なお城の集まりに見えてしまう。
でも今の金沢城には、天守閣はありません。1602年の落雷により焼失、以降再建はされませんでした。
橋爪門のあたり。
d0103292_12152490.jpg
お濠、そして石垣が、この金沢城の特徴的な遺蹟の美しさを表しています。
d0103292_12203441.jpg
五十軒長屋も入りました。
d0103292_12152435.jpg
1本も釘を使わず、最高の材料と技術で復元されています。
素晴らしい。
お城って、外はメチャ暑くても、中は風通し良く涼しいですね。
見晴らしも最高。医王山方面かな。
d0103292_12152431.jpg
ここから藩祖の前田利家公を祀った尾山神社までは歩いて行ける距離。
池もあり。
d0103292_12152410.jpg
利家公の銅像もあり。
d0103292_12152495.jpg
さすが「槍の又佐」と呼ばれた利家公、立派な槍を片手にポーズ。
そしてここの最大の見どころは、
d0103292_12152423.jpg
入口の神門の上にあるステンドグラス状の窓ガラスです。
建設されたのは1875年。中華風とも相まって、非常に変わった作りになったようです。


(続く)

[PR]

# by chirocchis | 2016-08-29 23:19 | 2016 金沢・白川郷旅行 | Comments(0)

金沢駅からバスで兼六園へ。
d0103292_12143847.jpg
日本・海外問わず観光客はたくさん。
兼六園と言えば・・・
d0103292_12143801.jpg
右に見える二股の徽軫灯篭(ことじとうろう)がシンボルですね。
お琴の糸を支える琴柱(ことじ)が名前の由来とか。
金沢在住の人曰く「あれはレプリカで、本物はどこかに保管されている」というのが都市伝説で語られています。
兼六園の「六勝」のうちの一つは、眺望。
d0103292_12143806.jpg
日本海を望みます。
暑い暑い。
d0103292_12525339.jpg
池に張り出した松は、冬場に雪吊りされるのも名物。
d0103292_12143815.jpg
この像は日本武尊さんです。
d0103292_12143887.jpg
根上りの松。根の部分が盛り上がってます。
d0103292_12143841.jpg
鬱蒼とした林のような場所もあり、苔ともあいまって「蒼古」の趣。
d0103292_12143884.jpg
水の流れも、曲線がきっちり計算されているようで、「人力」を感じさせます。
d0103292_12143874.jpg
この噴水は自然に噴き出しているとのことで、日本最古の噴水?とのこと。
d0103292_12143796.jpg
「宏大」な兼六園をたっぷり時間をかけて歩き回り、
d0103292_12163767.jpg
めちゃ暑いので「金粉入りソフトクリーム」なんかを食べ、次の金沢城公園に向かいます。

(続く)

[PR]

# by chirocchis | 2016-08-28 12:48 | 2016 金沢・白川郷旅行 | Comments(0)

今年の夏休みは、金沢・白川郷への旅。
鉄道好きの息子殿の選択肢は、開業1年経過の北陸新幹線でした。
かつ、世界遺産の白川郷で泊まる旅。
なかなかない経験です。

私は青年の頃の4年間、金沢に住んでましたが、その後で行ったのはもう15年以上前。
北陸新幹線開業で大きく変わった金沢の街も楽しみです。

1日目。
前日夜から台風の雨風がゴーゴーいってましたが、当日朝は台風一過の晴天。
さすが晴れ男の息子殿。
我々夫婦のみだったら確実に中止だったでしょう。

「かがやき」やっぱ格好いいね。
d0103292_23165296.jpg
2時間半ほどで金沢着。
d0103292_23165284.jpg
結構暑いやん。
あまり東京と変わらん。
そして天気は申し分なし。素晴らしい。
まずは駅の中にある寿司屋「金沢まいもん寿司」で腹ごしらえ。
d0103292_23165214.jpg
ランチの握りのセット。
d0103292_23165352.jpg
一番左上ののど黒、そしてその右が甘えび、その右が富山の白魚金箔付き
いきなり北陸3連打と来たか!
いきなりKOされそうです。
のど黒はやっぱりうまいなあ。
今後が非常に楽しみです。

駅前のガラス張りドーム。
d0103292_23165253.jpg
当方若かりし頃は、寂れたバスロータリーしかなかったのに。
北陸的なもの悲しさがありましたが。
今や日本人も外国人も旅行者だらけで活況です。
誰がこの姿を想像していたでしょうか。
嬉しいような、寂しいような。

この鼓のような形の門が象徴ですね。
d0103292_23165349.jpg
さて、これから市内観光へ。

(続く)


[PR]

# by chirocchis | 2016-08-21 23:28 | 2016 金沢・白川郷旅行 | Comments(0)

d0103292_17064023.jpg

本物の合掌造りに感動です。

[PR]

# by chirocchis | 2016-08-18 17:05 | Comments(0)