米国で公聴会まで開かれた、トヨタのリコール問題

当地でもしばしばニュースで取り上げられています。

こちらでの反応は…

某新聞の調査によりますと、

①これからもトヨタを買うと思う…約40%
②何とも言えない(これからの対応次第)…約20%
③買うのを控えると思う…約30%

という結果が出てました。

オーストラリアで一番売れている車で、トヨタのカローラは常に1位か上位をキープしているくらい、トヨタの車は豪州に根付いているのです。
つい先日も、豪州でカムリハイブリッドが生産されると大々的に宣伝されてるくらい。
ベンツやBMWに比べて値段は安く、けれども壊れにくく、品質は良く、他のアジアの車のような安っぽさがない、などの点が受けているのでしょう。

よほど対応を誤らなければ、「トヨタ買うなキャンペーン」が繰り広げられることはないと思うけどね。豪州国民はトヨタがなくなるとかなり困ると思うよ。
[PR]

by chirocchis | 2010-03-01 20:34 | ニュース

<< 秋の兆し    特に興味はありませんが(マジ) >>