ほんと、最近の寒波は尋常じゃない。

と言ってみて、私もすっかりシドニーの中途半端な冬の寒さに慣れちゃって、
年々弱くなるな~と思ってたら。

そんなことはなかった。

【シドニー摂氏4 . 3 度、2 7 年ぶりの大寒波】 
シドニー中央ビジネス区(CBD)では6月29 日の朝方、6月としては1983 年以来最も寒い摂氏4.3 度を記録したことが、豪気象庁(BOM)の発表で分かった。6月30 日付地元各紙が伝えた。
シドニー空港では午前5時時点で摂氏3.2 度。シドニー西部郊外のリッチモンドでも明け方に摂氏マイナス4.8度、その他シドニー郊外でも摂氏0度以下を記録し、各地で記録的な大寒波となった。
 BOMのステファナック気象予報士によると、「向こう数日は厳しい寒さが続くものの、7月2日辺りから再び気温が上昇する」と予測した。
大寒波はビクトリア(VIC)州も襲った。メルボルンでは29 日、2年ぶりの寒波を記録。メルボルンCBDでは正午に気温が摂氏7.6 度まで下がり、午後6時半時点で、最高気温が摂氏10.5 度を下回った。(略)

東京近辺に住んでた身としては、4度ごときで大騒ぎ、雪も降らないし氷点下になったら大ニュースなんてちゃんちゃら系なんですが、

寒いものは寒いのです。
どこにいても。
[PR]

by chirocchis | 2010-07-02 23:10 | シドニーの春夏秋冬

<< 交流    首相交代 in Aus >>