土曜日は朝からとてもよい天気。
シドニーは初秋に入ったようです。
朝晩はかなり涼しく感じられ、15℃前後。

この晴天を利用し、ハンターバレーまでドライブすることを思い立ちました。
自宅から約150km、2時間余りのドライブです。

渋滞するPacific Highwayを抜け、ニューキャッスルへと通じるFreeway1号に乗ります。
この道路、最高時速が110kmです。

1時過ぎ、無事に目的地であるHunter Valley Gardensという公園兼お土産屋さんの集落?みたいな感じのところに到着。

まずはいろんな地域の庭を題材にしたエリアに向かいます。
腹ごしらえしたカフェも緑の中にあってとても気持ち良い。
d0103292_20593191.jpg

しかし今日は暑い!
いきなり真夏に戻ったような日差しにクラクラきます。
d0103292_210297.jpg

Rose Garden。
d0103292_2102762.jpg

d0103292_2104868.jpg

Indian Mosaic Tea Garden。
d0103292_2111373.jpg

d0103292_2114378.jpg

Storybook Gardenでは、いろんな童話をモチーフにしたオブジェが飾ってあって、なかなか楽しい感じです。
d0103292_2132030.jpg

d0103292_2134378.jpg

d0103292_214868.jpg

草原を走り抜けるお馬さん。
d0103292_2142993.jpg

しかし暑い。
こりゃ熱射病になりそうだわい。
一通り園内も見終わった後、次の目的地に向かいます。
ゆっくり見て回っても1時間くらいで1周できる、のんびり散歩するにはとてもきれいで気持ち良いところです。

入口のお土産屋さん集落?エリアには、BBQやプレイグランドもあって、家族連れが遊ぶにはもってこいの場所。
ワイン屋さんもあって、テイスティングもできるようです。

そう、ハンターバレーはワインの一大産地。
大小50以上のワイナリーがこの近辺にあります。
我々が目指したのは、その中の一つで「Scarborough」(スカボロー)という変わった名前のワイナリーです。
ここのワイン、レストランで何回か飲んだことがあるのですが、濃厚な味が忘れられなかったのでワイナリーに行ってしまおうと思ったわけ。
Hunter Valley Gardensからも車で5分くらいと近いのもグッド。

入口は結構素朴な一軒家という感じですが、中に入ると立派なワイナリー。
d0103292_21183323.jpg

「テイスティングする?」って聞かれたので、軽く「1、2本だけね」って答えたのですが、こちらはテーブルについてちゃんと「白に始まり赤に移ってデザートワインで締め」という正統派のテイスティングができるお店でした。
ちゃんとチーズ&クラッカーやドライフルーツまで出してくれる。
これが全てタダ。素晴らしい!!
d0103292_21234152.jpg

7、8個のグラスが並ぶ図はある種壮観であります。
もちろん車なので、舌の上に乗せるくらいしか飲みませんがね。

お店のおねえさんがたもとてもフレンドリーで親切であり、一つ一つのワインを丁寧に解説してくれるのですが、すいません2割くらいしかわかりません。「フルーティーで・・・・・さっきより軽めで・・・・・。どうぞごゆっくり!」みたいなノリで。

ここの白ワインは、見た目が黄色に近いような濃い色をしており、オーク樽の香りが強く出たとてもパンチの効いた濃い味が自慢。
なので、他の白ワインが軽く思えてしまうのが難しいところ。
個人的には大好きですね。
Semillonは若いせいもあってか酸っぱさが感じられてしまったので、Chardonnayのイエローラベルからは2005年物(A$23 約1500円)をチョイス。
そして特別テイスティングだったChardonnayのホワイトラベルは、さらに上品な味付けだったのでこれは2006年物(A$30 約2500円)を1本ゲット。
d0103292_21342455.jpg

一般的な酒屋よりも1割くらい安く買えるし、酒屋で売ってない銘柄も買えるので、やっぱりワイナリーは良いですね。

そして、ここのワイナリーのもう一つの良いところは、眺望!
高台のてっぺんにあるので、周りはパノラマの風景が広がっています。
d0103292_213652.jpg

d0103292_21362834.jpg

ここは本当にお勧めです。
[PR]

by chirocchis | 2009-03-09 21:37 | シドニーでの観光

<< 送別ゴルフ    1周年 >>