■3日目

今日は残念ながら朝からどんより曇り。
今にも雨が降りそう。
なので、海やプールに出るのは諦め、バギーに乗って島内巡りをすることに。
まあ半日あれば余裕で回れるんですけどね。

バギーは空港やマリーナ近くなど、3、4か所でレンタルすることができます。
で、気になるのがその料金。
1時間でA$45(3000円くらい)、2時間で$55、3時間で$60、24時間で$85(6000円くらい)、All Day(8:30am-4:30pm)で$70とな。
これを高いと見るか安いと見るか。
確かに島内は小さいとはいえ坂が多いので歩いて回るのは不可能。
だけど無料のシャトルバスがあるぞ。でも30分に1本くらいしかないし…
と悩ましいのですが、夜は乗ることもないのでAll Dayにしておきました。

まずは島内随一の景色が楽しめる「One Tree Hill」へ。
ここも街中から10分くらいで行けちゃう。
島の西側を望む。
d0103292_21422370.jpg

Catseye Beach方面。
右の高い建物がこの島最大のReef View Hotel。その左の2棟が宿泊しているWhitsunday Holiday Apartmentです。
d0103292_21424777.jpg

バギーに乗れて息子殿は上機嫌。
d0103292_21482712.jpg


このあと結構長い間雨が降り続いたので、おとなしくホテルに帰還。
夕方近くになってやっと雨が上がり、この時間になると潮が引いて海を歩けるようになるので、早速息子殿を連れ出します。
d0103292_2150141.jpg

水がないと大丈夫そうですね。
d0103292_21505550.jpg

海水が引くとこんな風に波紋のような模様が広がってます。
d0103292_21534648.jpg

石拾いをしたり、ヤドカリを観察したりとなかなか上機嫌で遊んでました。
d0103292_21534066.jpg


帰ってから無料シャトルバスに乗ってマリーナ方面へ。
美しく夜景が広がってます。
d0103292_21544321.jpg

今日は優雅にイタリアンといきましょう。
予約必須の「Romano's Italian Reataurant」へ。
マリーナ側の席だったので非常に眺めも雰囲気も良く、息子殿もおとなしく座ってくれたおかげでゆったり食事できました。
d0103292_220316.jpg


■最終日
この旅で初めて朝日を拝むことができました。
d0103292_2262458.jpg

日差しがガンガン強くなってきます。
チェックアウト前に朝の散歩に行きましょう。
d0103292_2265153.jpg

d0103292_2271881.jpg

Apartmentの前。
d0103292_2284048.jpg

やっぱり晴れだと気持ちがいいですなあ。
d0103292_2291389.jpg


チェックアウトするとき、鍵を付けていた首掛けストラップを記念にくれます。
d0103292_22115950.jpg


帰りの便は14時過ぎなので、受付に荷物を預け、また街をブラブラしに行きます。

大きくなったらこんな車にも乗ろうね。
d0103292_22132419.jpg

またミニ動物園にも顔を出し、ダラダラ姿のコアラさんや、
d0103292_2214967.jpg

口を開けたまま身動きしないクロコダイルや、
d0103292_22145126.jpg

ひっくり返って寝てるウォンバットを観察しつつ。
d0103292_22151288.jpg


常夏の島なのに冷房がないハミルトン空港から無事に帰路につきました。
d0103292_2215958.jpg


もう少し晴れていたら、クルーズや他の島への移動なども楽しめたかもしれません。
かえってのんびりできたのでそれはそれでよかったです。
宿泊代や食事代が高いのは、島のリゾートである以上致し方ないですね。

子供連れでも問題なく楽しめるところだと思います。
特にApartmentはお勧めですね。
[PR]

by chirocchis | 2009-04-19 22:18 | シドニーでの観光

<< 高嶺の花    ハミルトン島② >>